会社案内

昭和の高度経済成長期、大手運輸会社の整備士だった私は、最も実力を問われる「路上故障修理」で腕を磨きました。名古屋勤務時代、トラックが往来する関が原近くの難所では、全国のトラックが頻繁に故障していました。当時車は故障するのが定石だったのです。自店の作業を優先するエンジニアが多い中、私は「支店の向こうにはお客様がいる」「お客様にも運転手にも喜んでもらいたい」という一心で、現地へ走ったものです。待ったなしの状況、過酷な環境下。エンジンルームに氷柱が出来たこともあります。満足な修理道具もない中で工夫を重ね、多くの人に喜ばれるうちに、私は「もっと多くの人に喜んでもらいたい。自身の力を郷里の役に立てたい」と強く思うようになりました。
これが創業の原点であり、お客様を大切にする会社の精神となっています。
この創業の精神を守り、更に発展させていくため、現社長の提唱する「当たり前のことが当たり前にできる会社」を目指していきます。そして「車を通じた幸せづくり」を実現し、地域の皆様へご恩返しができるよう努めて参ります。

私たちが目指す会社は、難しいことができる会社、他を凌駕するサービスを行う会社ではありません。
「当たり前のことを当たり前に行える会社」です。
●掃除、整理整頓ができる。
●明るい挨拶ができる。
●適正な見積、納期の提示ができる。
●お客様のご要望をキチンと解釈し、約束を守ることができる。
この「当たり前」のことをキチンとやるのが、実は一番難しい。
「お客様第一主義」を掲げ、「お客様に喜んでもらえることが一番です」と言うことは簡単です。しかし、実践するためには、問題が起こった場合に、従来のやり方を見直していくなど、社内のルールづくりの構築と徹底が必要です。そして何より、こうして身につけた具体的な手法を継続していくことこそが大切なのです。この地道な努力を継続していくためには・・・
●社内の取り決めを徹底させる。
●社内で意思の疎通ができるようスタッフ間の信頼関係を築く。
●お客様との約束が忘れられたり、埋もれたりしないような管理ツールを社内に置く。
こうした地道な活動に取り組み始め、平成23年現在で9年目となります。
確実に社内は変わってきました。できることの範囲も広がってきています。しかし、目指す姿には未だ程遠いのが現状です。これからも現実を見据え、地道な活動を通し、真にお客様に喜ばれる会社づくりを目指してまいります。

S47.1
創業
S47.2
普通及び小型自動分解整備事業認証、取得を受ける
S50.5
指定自動車整備事業の指定を受ける
S53.9
鈑金塗装工場併設
S53.10
法人改組 (有)マツオモータースとなる
H15.5
カーコンビニ倶楽部加盟
H20.8
新基準対応のディーゼルスモーク測定装置及びヘッドライトテスター導入
H21.5
ゆめカード様との提携
H22.12
環境整備に取り組む

本社所在地
〒710-0038 岡山県倉敷市新田3016-1
営業時間
9:00 ~ 19:00 ※日、祝日は18:00 まで
定休日
毎週水曜日、毎月第3日曜日
電話/ FAX 番号
086-424-8915 / 086-424-8995
在籍人員
13 名(整備6名、鈑金塗装2名、フロント3名、事務1名、営業1名)
検査員資格取者数:4 名

マツオモータースホーム